折笠理学療法士の母校「磐城高校」がセンバツ出場決定!

武蔵小杉のベースボール&スポーツクリニック、理学療法士の折笠です。
この度、私の母校である福島県立磐城高校が今春の選抜高校野球大会に選出されました!!

https://mainichi.jp/koshien/articles/20200124/k00/00m/050/278000c

同校野球部のOBとして、今回の選抜出場は感慨深いものがあります。

磐城高校は過去には夏の甲子園で準優勝もしたこともある古豪ですが、ここ数十年は甲子園からは遠ざかっていました。

現在の磐城高校は、監督である木村先生の意向で自主性を尊重して練習を決定しているとのこと。また、同校近隣の小学校の児童とティーボールでの野球を行うなど、競技力の向上だけでなく、野球の普及活動などを通じて、同部の選手の皆さんの幅広い成長を促しながら、地域の子ども達に野球の楽しさを伝える活動をしています。

他にも古豪として昭和・平成の野球の良い部分を継承しながら、新たな令和の野球を目指した様々な取り組みを行っているチームです。

そして、現在の部長は、私の同期である大場先生(当時は主将)です。大場先生は、当院の馬見塚医師や豊田育成コーチが活動していた筑波大学野球部の出身でもあり、そういった意味でも、磐城高校は当院とゆかりが深いチームと言えます。

令和の時代のセンバツで磐城高校のコバルトブルーのユニホームが躍動することを期待しております!

ベースボール&スポーツクリニック
https://baseball-sports.clinic
TEL 044-711-8989