早稲田大野球部、佐野日大高野球部、磐城高野球部…当院のPTの出身校です

武蔵小杉の整形外科「ベースボール&スポーツクリニック」です。

当院は、その名の通り野球を専門とするクリニックですので、スタッフも野球部出身者が多く、とりわけ理学療法士(PT)は6名中5名が大学もしくは高校の野球部出身です。

安達玄先生は、六大学野球の名門「早稲田大学野球部」出身。

植田賢太郎先生は、栃木県の甲子園常連校「佐野日大高校野球部」出身。

折笠佑太先生は、幻となってしまった今年のセンバツ出場を決めていた「磐城高校野球部」出身です。

他にも武井健也先生、松本貴行先生も野球部出身の理学療法士です。

また、他の職種のスタッフも野球経験者もしくはその他のスポーツ経験者がほとんどです。当院は患者様から「明るい雰囲気でクリニックらしくなくて良いですね。」と言われることがあるのですが、それはハード面だけでなく、ソフト面においてもスポーツを通じて育ったスタッフが多いからかもしれません。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響は医療機関も例外ではありませんが、この状況を野球やその他のスポーツで培ったチームワークや課題解決力、柔軟な対応、レジリエンスなどで乗り越えていきたいと思います。

ベースボール&スポーツクリニック
https://baseball-sports.clinic
TEL 044-711-8989