当院には、アスレティックトレーナーの資格を有するスタッフがいます

こんにちは!神奈川県川崎市のスポーツ整形外科、ベースボール&スポーツクリニックです。

当院には、医療とスポーツ現場の橋渡しをスムーズに行うために医療資格だけでなく、日本スポーツ協会(旧:日本体育協会)公認アスレティックトレーナー(AT)の資格を有するスタッフがいます。

日本スポーツ協会によるとATの役割は、「本会公認スポーツドクター及び公認コーチとの緊密な協力のもとに、スポーツ選手の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の応急処置、アスレティックリハビリテーション及び体力トレーニング、コンディショニングなどを担当する」とされています。

上記の通り、その役割としての守備範囲は非常に広いため、資格取得の際には、座学で学ぶ知識だけでなく、現場で必要な様々な技術の習得も求められるなど多岐にわたる勉強が必要です。試験は合計約5時間におよぶ筆記試験、アスレティックリハビリテーションの実演とテーピングの実技試験から構成されています。合格率はおおよそ10~30%であり、難しい試験とされています。令和元年10月現在、日本全国のATの有資格者数は約4000人であり、理学療法士の約12万5000人と比べると非常に少ないです。

当院では関口徹先生、安達玄先生がATの資格を有しており、院内では、競技復帰に向けたアスレティックリハビリテーションやトレーニング、テーピングの実施などを提供させていただいております。

競技復帰のためには、スポーツの専門的な復帰プロセスを段階的に行う必要があります。ご来院された際には、お気軽に関口先生、安達先生にご相談ください。

ベースボール&スポーツクリニック
https://baseball-sports.clinic