安達玄理学療法士の総説論文が『関節外科』に掲載されました

武蔵小杉のベースボール&スポーツクリニックです。

この度、当院の安達玄理学療法士の総説論文が『関節外科』に掲載されました。

関節外科 2021年 Vol.40 10月号  pp.976-981
特集 野球肩治療の最前線
「投球肩障害 私の考える発症メカニズム ー投球障害リスクのペンタゴン」
安達玄, 馬見塚尚孝

「投球障害リスクのペンタゴン」は当院の治療・予防・育成においての重要な役割を示す論理であり、総説論文ではその内容をスポーツ医科学的観点から概説されています。

当院は日々の診療の質の向上、臨床的かつ学術的に有用な情報発信のために積極的に研究に取り組んでいます。
これからも皆さまのお役に立てるよう、診療と研究に励んで参ります。