胸郭出口症候群

野球障害からの復帰は早期発見と治療が鍵 胸郭出口症候群

野球障害からの復帰は早期発見と治療が鍵

武蔵小杉のベースボール&スポーツクリニックです。近年、スポーツ医学の専門家による様々な啓発活動が功を奏し、肘の痛みを感じた際には早めに病院を受診する選手が増えました。その結果、重度の肘の離断性骨軟骨炎の患者は大幅に減少しました。また、診断方法や治療技術の進歩により、肘の投球障害を抱えた野球選手が復帰…
野球選手だけじゃない胸郭出口症候群 〜剣道部にて〜 胸郭出口症候群

野球選手だけじゃない胸郭出口症候群 〜剣道部にて〜

武蔵小杉の整形外科「ベースボール&スポーツクリニック」です。今回は、当院のスタッフが野球以外の競技で経験した胸郭出口症候群に関するお話を紹介します。 以前、当院のスタッフが、ある学校の剣道部の選手達に柔軟性のトレーニング教えていたら、ひとりの選手から次のような質問がありました。 「私は、剣道…