野球選手だけじゃない胸郭出口症候群 〜剣道部にて〜

武蔵小杉の整形外科「ベースボール&スポーツクリニック」です。今回は、当院のスタッフが野球以外の競技で経験した胸郭出口症候群に関するお話を紹介します。

以前、当院のスタッフが、ある学校の剣道部からの依頼でフィジカルトレーニングのコーチングをしていたときのことです。

剣道部の選手達に柔軟性のトレーニング教えていたら、ひとりの選手から次のような質問がありました。

「私は、剣道の面を付けるとき、面紐を結んでいると途中で腕がしびれてしまい、一旦休まないと面紐を締められないのですが、それは肩の筋肉の柔軟性が足りないからでしょうか?」

その話を聞いた当院のスタッフは、胸郭出口症候群の可能性を考えました。

当院の馬見塚尚孝医師の著書である「高校球児なら知っておきたい野球医学」では、胸郭出口症候群について下記のように述べています。

「胸郭出口症候群とは、ガッツポーズのような姿勢をとると、鎖骨と第一肋骨の間で腕への神経や血管が圧迫されやすくなり、しびれや手に血液がいかなくなる症状が出る障害です。(中略)このように手がしびれる選手がいた場合は、ガッツポーズでしびれの出現と橈骨動脈の拍動消失をチェックし、必要に応じて専門の整形外科を受診することをおすすめします。」

冒頭の剣道の面を付ける際に腕のしびれの症状が出ていた選手は、後日、ご自宅の近くの整形外科で胸郭出口症候群と診断されたとのことです。

剣道の面を付ける際に腕がしびれていたのは、肩の筋肉の柔軟性が不足していたからではなかったのです。

野球選手だけではない胸郭出口症候群。

当院には、様々な競技のアスリートの皆さまが野球選手と同じような肩・肘・腰などの痛みやしびれといった症状を訴えて来院されています。

様々な競技でスポーツ傷害でお悩みの皆さまのご来院をお待ちしています。

参考文献
馬見塚尚孝(2015)『高校球児なら知っておきたい野球医学』 ベースボールマガジン社.

ベースボール&スポーツクリニック
https://baseball-sports.clinic
TEL 044-711-8989