月: 2020年4月

身長クリニックはオーダーメード 野球医学コラム

身長クリニックはオーダーメード

ベースボール&スポーツクリニックでは、スポーツ傷害で受診された成長期アスリートに対し、次の四つの課題を持って接するようにしております。それは、スポーツ傷害の治癒を目指すこと、パフォーマンスの長期的向上を目指すこと、身長を伸ばすこと、スポーツ医科学の知識をもって主体的にスポーツに関われるスキルを身につ…
【更新】5月の診療日のお知らせ インフォメーション

【更新】5月の診療日のお知らせ

平素よりベースボール&スポーツクリニックをご利用いただきありがとうございます。 5月の診療日についてご案内いたします。 5月18日(月)から患者様の来院時間の分散を目的として平日午後の診療時間を14:00∼19:00までに延長いたします。 診療日・診療時間は上記のカレンダーをご確認ください。 *診療…
オンライン診療通信費の改定と薬の処方に関するお知らせ インフォメーション

オンライン診療通信費の改定と薬の処方に関するお知らせ

武蔵小杉のスポーツ整形外科ベースボール&スポーツクリニックです。 先日、政府によるコロナウイルスの感染拡大を防止を目的としたオンライン診療の規制緩和を受けて、当院でも初診でのオンライン診療が可能になったことをお知らせしました。 今回は、初診・再診を問わず、オンライン診療の通信費改定および整形外科以外…
野球肘③〜ジュニア期の投球肘障害を予防するためには〜 野球医学コラム

野球肘③〜ジュニア期の投球肘障害を予防するためには〜

神奈川県川崎市のスポーツ整形外科「ベースボール&スポーツクリニック」です。 前回のブログでは、ジュニア期の肘の障害がおとなになってからも影響することをご紹介しました。今回は、どのように野球肘を予防するかをお伝えします。 昨年、日本高校野球連盟が「1人の投手が1週間に投球できる総数を500球以内」など…
身長を伸ばすチャンス! 野球医学コラム

身長を伸ばすチャンス!

新型コロナウイルス感染症の猛威で、こどもたちは学校もなく、スポーツもなく、旅行もなく、やることがない!と感じられているかもしれません。しかし、このように時間があるときは「身長を伸ばすチャンス!」でもあるのです。 身長を伸ばすためには、睡眠時間が重要なのは言うまでもありません。ベースボール&ス…
野球肘②〜おとなの肘靭帯損傷はジュニア期の障害が原因のひとつ〜 野球医学コラム

野球肘②〜おとなの肘靭帯損傷はジュニア期の障害が原因のひとつ〜

武蔵小杉のスポーツ整形外科ベースボール&スポーツクリニックです。 前回のブログでは、野球肘〜痛みを感じたときの対処法〜について、お伝えしました。今回は「ジュニア期の肘の障害が、将来おとなになったときにどのような影響を及ぼすのか」についてお伝えします。 当院の馬見塚尚孝医師の著書である「新版 野球医学…
当院のオンライン診療の紹介動画をアップしました インフォメーション

当院のオンライン診療の紹介動画をアップしました

神奈川県川崎市の整形外科ベースボール&スポーツクリニックです。 この度、当院では、初診の患者様でも健康保険を使ってオンライン診療を受診することが可能となりました。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために注目されているオンライン診療はこんなメリットがあります。 ①全国どこからでもオンラインで診察遠…
野球肘①〜痛みを感じたときの対処法〜 野球医学コラム

野球肘①〜痛みを感じたときの対処法〜

武蔵小杉のスポーツ整形外科ベースボール&スポーツクリニックです。 今回のブログは、ジュニア期の野球肘についてです。 「肘が痛い...」と言うジュニア期の野球選手に対して「しばらく休めば治る」と思っている方がいますが、それはリスクが高い考え方です。 その根拠として、肘の内側障害の研究では、疼痛発症から…