野球腰とは⑤ 打撃動作

腰椎分離症は腰椎の回旋、伸展が良くないので、そのような動作をなるべく生じないで打てる動作を指導しています。

一つ目は、踏み出し脚の方向。つま先を内側にひねるように設置すると「上体が走る」とよく言われますが、これはどうしても腰椎に回旋ストレスが多くかかり良くありません。また、柳田選手をはじめとする強打者も、スイングの後半ではつま先は投手に方に向いています。ですから、この踏み出し脚の方向について理想とする動作を提案しています。

二つ目は、バットの軌道。これは宮川理論の指導法を学んで伝えるようにしていますが、投手を下から上に刀で切るように振ると腰椎への負担も少なく打撃も改善します。

三つ目は、インサイドアウト。これは昔から言われている言葉ですが、要はバット振り出し時の回旋モーメントが小さくなるように振ればよいのです。優れた打者は「あとはバットが自然に走る」といいますが、前半にいかに小さい力でバットを振りだすのか?が重要なのです。

野球腰の治療をする際には、それが打撃力の向上につながることで選手は進んで取り組んでくれます。そういう治療を心がけております。